1019年2月 当主交代

初代→二代目

二代目当主は孫の信武にお願いしました。

信武は攻撃寄りだけど次に繋がり易そうな進言をしてくれる事が多かったんですよ。
ちゃんと状況を把握して、どう動けば良いのか考えてるんだなって。
巡流も九重楼討伐時の信武を見て、安心して当主の座を譲ったんだろうなと思っています。

勿論、永環の堅実な部分も重要だと思うのですが、永環は矢面に立つよりも後方支援役の方が性に合ってそうなんだよね。
家庭的な性格な子だと思うので、その部分を大いに生かす為にも当主とは違った立ち位置で高千穂家の力になって欲しいなと。

信武が巡流の名を継ぐと言い出します。
これが切っ掛けとなり、巡流の名前を代々の当主が継ぐ事に。

しきたりって、信武が自分で名乗るって言い出したんじゃなかったっけ?
…と、つい思ってしまったり。

※PS版だと全てイツ花の発案だったのがR版で二代目が初代名を名乗る展開を追加した結果こうなったらしいです。
(プレイヤー自身が未確認なので確定的には言えないのですが、そういう情報を見かけた記憶があります)

初陣後すぐの当主就任となってしまった信武ですが、肝が据わってそうなので問題は無いでしょう。
信武なら巡流の後を継いで、巡流が積み重ねた諸々を上手く利用して、しっかりと高千穂家を導いてくれると思います。

同時に高千穂家に今までとは違ったモノを色々と運び込んでくれるんだろうなと期待もしています。
どんな変化をしていくのか、今からとても楽しみですね。

あっさり風味でしたが当主交代については以上と言う事で。
これからは当主としてもよろしくね、信武。